製造業で必須となる機械の安全管理とは?

製造業での安心安全を徹底的に考えるサイト

そもそも安全とはなんだろう?

製造業とひとくちに言っても、様々な分野があります。また、その業界によっても製造工程は異なります。しかし、製造工程が違っても、安全を確保したモノづくりは、あらゆる製造業にとって最重要課題のひとつです。
近年は技術の進歩によって、生産ラインの自動化やラインに運ぶパーツの配送もロボット化され、人手をほとんど介さないファクトリーオートメーション化が進んできてます。しかし、まだまだ人手を介す工程が多いのも事実です。まだまだ、日本には職人と呼ばれたり、ベテラン、熟練工と呼ばれる作業者が多いのが現実です。しかし残念ながら、そうした職人や熟練工が定年を迎え退職される一方で、その後継者が減ってきて人材不足となっている現状があります。結果的に人材不足に加えスキル不足が製造業においては大きな課題となっています。
一方で、製造機械や装置の高度化が進み、そうした機械を扱えるスキルを備えた人材が少ない中では、製造現場での安全確保がこれまで以上に重要課題としてクローズアップされてきています。

また、人の注意力にはどうしても限界があります。人がミスをしても事故や災害が起きないように、「人に頼る安全」から「機械に任せる安全」に変えていくことが効果的かつ確実です。しかし、信頼性の高い機械も時には故障することがあるため、その場合でも安全機能が働くようにすることが必要です。絶対安全は、どんなに安全化を進めてもリスクはゼロにはなりません。

このような製造現場における現在の労働災害の現状を捉え、その真因を把握して、どのような打ち手を打つのが良いかをもう少し具体的に見ていきたいと思います。

安全なモノづくり、安全のための体制づくりで製造現場をサポート

そもそも安全とはなんでしょうか。製造業にとって安全についての考え方や認識を現場の監督者や作業者、開発設計者、生産技術者、工場長や経営者などあらゆる関係者が理解し、共通認識として持つことが大切です。まずは、製造業における安全の定義を掘り下げて考えてみましょう。

機械によって起る労働災害の現状

「人に頼る安全」から「機械に任せる安全」に変えていくには、まず現状把握が大切です。その上で、課題を可視化し、その課題に対する打ち手、施策を策定し、実行していかなければなりません。そこでまずは、「機械に任せる安全」を考えるにあたり、機械によって起こる労働災害の現状を確認していきましょう。

打ち手はこれだ!3つのアプローチとその先へ

「機械に任せる安全」を考えるにあたり、機械によって起こる労働災害の現状が見えてきました。また、その真因はどこにあるのかも見えてきました。そこで次に、本質的な安全のためには何をすべきなのかを具体的に考え、打ち手、対策を明確にしていくとともに、その先の課題もクリアにしていきたいと思います。

おすすめリンク

細胞パターニングの種類

細胞をまるで印刷するように培養するパターニング技術。どんな種類があるのでしょうか?

ページTOPへ